現在の婚活市場
現在の婚活市場

成功する婚活

現在の未婚者と婚活市場について、その関係性について、明らかに言えることは、昔とは状況がどんどん変わっているということです。昔は恋愛と結婚が結びついていましたが、今はそういうことではなく、また、女性の社会進出や独身者にも過ごしやすい生活のサービスが増えていることも現状問題に関わっていると考えられます。

人間性を高めて成婚に導く結婚相談所

レクレーション

未婚率年々上昇

 

グラフからわかるように、男女共にどの年代も年々未婚率が上昇しています。30代でいうと、男性は約2人に1人、女性は約3人に1人が未婚という状況です。これは今後も上昇すると言われています。

昔と比べると遙かに増えていますが、これは、昔は恋愛と結婚が結びついていたことや、女性の社会進出などが理由と考えられます。20代未婚男性の約40%、30代未婚男性の約30%が交際経験がないというデータもあります。

未来を考える

平均初婚年齢・生涯未婚率の上昇

 

平均初婚年齢と生涯未婚率もどんどん上昇しています。それがわかる数字として、現在、恋愛結婚での平均交際期間は、4.5年です。

これを考えると、恋愛結婚をするには4年以上見据えて、更に現在は恋愛と結婚が結びつかないという傾向もある為、交際期間がある程度長くても結婚できるとは限らない、というのが現実問題です。これらの現状から、恋愛結婚だけでは未婚率・平均初婚年齢・生涯未婚率の上昇は続くことが考えられます。

店内イメージ

本音は結婚したい

 

結婚実績の数字が減少していることから、結婚意欲が無いのかというと、そういうことではありません。

いずれは結婚したいと思っている人は男女共に80%以上いるのですが、平均初婚年齢や生涯未婚率が上昇してることからも、いずれはと思っている間にどんどん結婚できるチャンスが遠のいていく、というのが現実です。結婚意欲がある男女が結婚できていない、そんな世の中になっていることがわかります。

バスケットボール

婚活市場規模約2,000億円

 

現在、婚活市場はどんどん増えており、その市場規模は約2,000億円と言われています。他に市場規模2,000億円の産業としては、動画広告市場やアニメ制作市場などが挙げられます。

婚活サービスの身近さ、普及さが数字に出ていますが、婚活サービスの種類も増えています。それぞれ特徴がありますが、自分に合ったサービスが利用できているか、ということが重要になってきます。

サッカー

出会いが増えても婚姻数は増えない

 

表からわかるように、婚姻数は年々減っています。逆に出会いの場は年々増えていて、膨大な婚活サービス市場だけではなく、SNSの普及なども出会いの一つと言えるでしょう。

これを考えると、出会いは昔に比べると明らかに増えていますが、婚姻数は減っていることから、出会いはあっても結婚できない出会いがゴールではない、というのが現状といえるでしょう。

BLOGブログ

成婚する婚活

ABOUT概要

正しい婚活

概要

店名

Rei Total advance

所在地

全国対応

リモート対応可能

営業時間

24時間メール対応

電話番号現在お問い合わせはメール対応のみ現在お問い合わせはメール対応のみ

アクセス